• メンタルヘルスマネジメント検定とはどのようなものか

    日本にはさまざまな種類の検定がありますが、メンタルヘルスマネジメント検定というものもあります。
    メンタルヘルスマネジメント検定とは、人間の精神衛生における知識を把握することによって、うつやパニック障害などの精神の病気にならないための予防や、対策などを講じるための検定のことです。



    これは、社会におけるメンタルヘルスの必要性からできた検定であり、現在では会社や学校などの教育現場でも必要な知識とされているものです。

    日本経済新聞の情報を集めました。

    このようなメンタルヘルスマネジメント検定とは、精神の病気に対して正確な知識を持っていることが試されるものです。ですから、検定に合格するためには、メンタルヘルスに関する知識を勉強する必要がありますが、このメンタルヘルスマネジメント検定とは、仕事などのストレスで起きる精神の病気に対しての理解が欠かせないものになってきます。

    そして、メンタルヘルスマネジメント検定とは、例えば会社などでストレスにどう対処していくかなどの具体的な方策も知識として必要ですから、多角的な視点から学ぶ必要が出てきます。こうしたメンタルヘルスマネジメント検定とは、自分自身に対しても、メンタルヘルスに関する知識を知っておくことで、うつやパニック障害になることを防ぐことができます。これらの病気を知識としてあらかじめ把握しておくことによって、病気にに対して対処ができますので、検定を受けることの意義は大いにあると言えるでしょう。

    離婚カウンセラーに関するお役立ち情報サイトです。

  • 基礎知識

    • いろんな特技がきちんと認められるようにと、昨今ではさまざまな検定や資格が存在します。そんな中で今、注目を集めているメンタルヘルスマネジメント検定とはいったいどのようなものなのでしょうか。...

  • 大事なメンタルの事

    • メンタルヘルスマネジメント検定は、種別によって合格率が異なります。なお1種であるマスターコースは年に1回の検定実施、2種のラインケアコース、3種のセルフケアコースは年に2回の検定が実施されています。...

  • よく解る情報

    • 大阪商工会議所が実施主体となって、毎年3月と11月の2回実施されているメンタルヘルスマネジメント検定試験は、受験資格に関する規定が無いことが特徴の一つです。臨床心理士や産業カウンセラーなど、他のメンタルヘルスに関係する資格の試験は、学歴や実務経験についての要件を定めることで受験可能な者を制限していますが、受験資格が存在しないメンタルヘルスマネジメント検定では、高校や大学などを卒業していない人も、メンタルヘルスに関する業務に携わったことがまだ無い人も、日本の国籍を所持していない人も、すべてにメンタルヘルスマネジメント検定の受験資格があります。...

  • 詳しく知りたいなら

    • メンタルヘルスマネジメント検定は、大阪商工会議所が実施する検定試験で、職場内での健全な精神環境の確立を目的にしています。近年、仕事に絡む不安やストレスは増加する傾向にあり、それが原因で離職したり、休職したりする労働者がいます。...